「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

皆さんは、今履いている靴は自分の足にピッタリと合っておられるでしょうか?足は、体の土台になっています。自分の足に合わない靴を履いていると、足元から体のバランスが崩れてしまいます。そして体のバランスが崩れると、全身に様々な痛みが出てしまうことになります。実際の足にとって小さい靴は足のトラブルを多く起こしてしまいますし、大きめの靴は体が歪みやすいので、正しいサイズの靴を選んで頂きたいです。

まずチェックするポイントは「かかと」です。かかとは足の土台ですので非常に大切で、かかとがパカパカと脱げてしまう靴は、踏ん張りが効かずに不安定になってしまいます。履いていただいて、立ったときにはピッタリでもしゃがむときついな、と感じる場合もサイズ調整が必要です。また、靴選びであまり気にされていないのが「つま先の形」です。親指が大きく飛び出ている方や、親指から人差し指までの長さが同じ方など、つま先の形は人それぞれ違います。そして、靴のつま先も靴のタイプによって形が違います。特に女性靴のパンプス類は種類によってつま先がとがったものや丸みのあるものが沢山あります。選ぶ靴の形が自分の足の形に沿っているかもチェックしてみてください。そして、正しい靴の選び方で甘く見がちなのが、靴の横幅です。特に男性は自分の足幅よりも大きめのサイズの靴を履いていると言われています。足の横幅が大きい靴はゆったりと履けて、気持ちが良さそうなイメージがありますが、足幅があっていないと靴の中で足が泳いでしまって、胼胝(タコ)が出来たりしますので、大きすぎず、適度に合っていることが重要です。

靴は服と同じように、毎日身に着けるものです。自分にぴったりの靴を選んで怪我の少ない毎日を送りましょう。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP