「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回は雨の日に身体が痛いということについてお話していきます。雨の日に身体が痛いと言われる方が多いです。昔傷めたところが疼いてしまったり、手術をした跡がズキズキしたりするなどということに覚えのある方も少なくはないのではないでしょうか?では、何故雨の日には昔傷めたところが痛くなるのでしょうか?
この原因はまだはっきりとしないところがあるのですが、主に血液の流れが悪くなることが関わっているということです。雨の日には気圧が下がってしまうので、それとともに血圧も下がり体内の血流も悪くなってしまいます。これにより、一度傷めたことのある部分は血液の流れが傷めたことのないところに比べると元々悪いので、更に血液の流れが悪くなってしまい痛みとしてそれが現れるということです。では、どうすればこの状態は楽になるのでしょうか?
これには「ゆっくり」という言葉がキーワードになってきます。「ゆっくりお風呂に浸かって温めることで血液の流れを良くする」「ゆっくり痛む部分をストレッチして、筋肉の動きを良くする」「ゆっくり眠って体の回復を促進する」というように血液の流れを良くすることが雨の日に痛むのを楽にしていくことの近道になります。雨の日には決まって身体が痛くなるという方は是非一度実践してみてくださいね。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP