「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

腰の痛みの原因は様々ですが、今回はその中でも筋肉不足や筋肉のバランスの崩れで痛みを引き起こす場合についてお話していきますね。腰の筋肉というのは立っている時や座っている時でも常に使われている起立筋と呼ばれる背骨の横を走る筋肉や広背筋と呼ばれる腰から肩に走る筋肉などがあります。

これらの筋肉のバランスが崩れることによって姿勢が崩れ(猫背や反り腰など)背骨をゆがませてしまい、痛みを引き起こしてしまいます。さらに腹筋と背筋に筋肉量の割合が違うことでも痛みを引き起こす原因になります。背筋より腹筋の方が、筋肉量が多い場合背骨は前側に引っ張られるため猫背になりやすく、背筋が強いと後ろ側に引っ張られるため反り腰になってしまいます。姿勢が悪くなることにより筋肉の負担も大きくなりバランスも崩れてくるので痛みを感じるようになってしまいます。

痛みを引き起こさないようにすることも大切ですが、まずは筋肉のバランスや背骨のゆがみを整えることが大切です。整えることによって血液の流れも良くなるため自己回復力が高まり、痛みの出にくい身体をつくることが出来ます。当院では筋肉のバランスを整える施術や背骨のゆがみを整える「B&M背骨ゆがみ整体」を行っております。腰の痛みでお困りの方は当院までご相談ください。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP