「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回は体の柔軟性についてお話していきますね。身体が柔らかくて関節の動く範囲が大きい方を見ていると思うのは、筋肉の伸び縮みが非常にしやすいという事です。筋肉の伸び縮みがしやすい状態になっていれば、急な動きや大きな動きの中でも耐えることが出来るので怪我をする可能性も非常に低くなっていきます。

逆に身体が硬い人は咄嗟の動きに筋肉がついていかずに、急な伸び縮みに引っ張られて線維が切れてしまうことや、傷んでしまうことも多くなってしまいます。そのうえ筋肉の中に走っている血管の流れも悪くなってしまうので、傷んだ部分を回復させるために必要な酸素や白血球、栄養の流れも足りなくなってしまうのです。このような状態になってしまうと痛めた部分が元通りになるのにも時間がかかってしまいますし、傷めやすいのに回復しにくいという状態になってしまいます。では、この柔軟性を高めるにはどうすればいいのでしょうか?

まずは基本となるのがストレッチです。筋肉の動きの悪い部分を動きやすくするだけでも負担は大きく減っていきます。また、筋肉の動きが悪くなっていることは体を支えている支柱である背骨にゆがみが出てきているからかもしれません。背骨のゆがみがあるとなかなか柔軟性は出てきません。当院ではその背骨を真っすぐに整えて身体を支えてくれるようにする『B&M背骨ゆがみ整体』を行っています。正しい姿勢で動きやすい筋肉を保っていきましょうね。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP