「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回は、足関節を捻った時の怪我について、お話をしていきます。皆さんは、足の怪我と聞くと、どのようなものを想像するでしょうか?私も学生時代はサッカー部だったので、足関節を捻った際の怪我は軽いものから重度のものまで、数えきれないほど経験しています。しかし、当時の私もそうでしたが、「たかが怪我だしな。」と、痛みがなくなったら何もケアをしていないことが多いのが現状です。

足を捻った際の怪我は、専門的には「足関節外側靭帯及び軟部組織損傷」と言います。実際に、痛みがなくなってもまだ足首が不安定な感じがしたり、足に力が入らないような感覚になった方はおられないでしょうか。実は、痛みがなくなっても、足関節が完全に戻っているわけではないんです。本当のことをいうと、完全にもとの状態にしていくためには3週間の固定、そしてスポーツをされている方であれば、さらに3週間の関節周囲の運動を行って損傷した足関節の回復度合いの確認をやってから、復帰というのが理想になります。

軽度の足関節の怪我であれば、ここまで厳密でなくても後遺症は出てきませんが、歩けないほどの重度のものになった方、また以前に重度の怪我をされたことがある方は、体のバランスを崩してしまう恐れがありますので、不安な際は、当院まで来てみてくださいね。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP