「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回は走っている時の膝の痛みについてお話していきますね。皆さんもランニングやジョギングなどしている時に、膝の痛みを感じたことはありませんか?そんなランニングで膝の痛みが起こる原因をお話していきますね。

走るときに使う筋肉はふとももの前後の部分や、ふくらはぎ、すねの前の筋肉になります。膝を支える筋肉は骨盤から出て膝の内側や外側についています。毎日走ったり、長い時間走っていると足周りの筋肉に負担がかかってしまいます。負担が大きくなると、筋肉自体が固まって緊張が強くなり、縮まって引っ張られてしまい、左右のバランスが悪くなってしまいます。バランスの悪くなった状態で続けると膝も正常な位置ではなくなるので、関節の中の膝を守る部分を痛めてしまうことにもつながります。このような状態ですと、走っている時のフォームも崩れる原因にもなります。普段は足の裏で上手く衝撃も吸収してくれていますが、それも働かなくなり、膝からの負担が股関節や、腰にまで広がることがあります。

膝の痛みは左右差やバランスの崩れからくることがあるので、それを整えていかに正常に近い状態で動かせるかが大切です。当院では、根本である背骨や骨盤のバランスを整える施術を行っていますので、スポーツなどで膝の痛みでお困りの方はご相談くださいね。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP