「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回は筋肉の質についてお話していきますね。運動をしている方や、過去にしていた方の中には筋肉の質について話を聞かれたことがあるかも知れません。質の良い筋肉と、質の悪い筋肉。この二つの違いは一体どういったところにあるのでしょうか?

質の良い筋肉とは基本的には普段は柔軟性と弾力のある柔らかい状態をしているのですが、運動をするときなどの力が入る必要のある時には硬くしまって強い力を発揮することが出来るのです。こういった筋肉は中に走る血管の流れを悪くしないので全身の回復する能力も向上させられますし、急に力が入ったとしても線維が切れにくく怪我もしにくいのです。これとは反対に質の悪い筋肉は常に緊張してしまい、ガチガチに硬くなってしまい伸び縮みがしにくいので急激に力が加わると怪我をしやすくなってしまいます。そのうえ、血管が締め付けられてしまうので身体中の血液の流れも悪くなり、回復力も下がってしまいます。

では、筋肉の質を良くするためにはどうすればいいのでしょうか?まず第一に運動後のストレッチをしっかりと行い、使った後の筋肉の疲労を抜くことです。運動直後に筋肉を柔らかくしておかないと柔軟性が高まりにくくなってしまうのでこの点は非常に重要です。そして毎日しっかりと入浴することです。温めてあげることで筋肉の中の血液の流れを上げることが出来れば回復力も高まり、質の良い筋肉に変えていくことが出来ます。怪我をしない柔らかい筋肉にしていきましょうね。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP