「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回は今のように花粉の多くなる時期に体が痛くなる理由についてお話していきますね。スギやヒノキが繁殖のために無数の花粉を散布させています。これは本来人の体の中に存在するものではないので一定量以上体内に蓄積されてしまうと身体から追い出そうとしてしまうのでアレルギー反応を示してしまいます。では花粉症の時期に体が痛くなる例についてお話していきましょう。

花粉症の代表的な反応としてくしゃみがあります。くしゃみの際に体にかかる負担はとんでもなく大きく、時速にすると新幹線に匹敵すると言われています。その強い負担が急激に腰にかかってしまうとこれが原因でぎっくり腰のような強い腰の痛みを引き起こしてしまう可能性も高くなります。そのうえ、首の筋肉も筋を違えてしまうことや、背中の筋肉の動きにくさから痛みを引き起こしやすくなります。急な動きをする際に非常に危険です。

こういった急な痛みを防ぐためには花粉の予防をすることはもちろん、くしゃみをするときには体に力を入れて耐えられるようにすることが非常に重要です。力の入っていない筋肉に急激な力が加わることによって傷めてしまいますので力を入れていることが大切です。花粉の時期には体が痛くなるリスクは非常に高くなります。花粉症の方々は十分に気を付けるようにしていきましょうね。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP