「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回は膝の痛みについてお話ししていきます。基本的に膝の痛みで多いのが交通事故やスポーツ外傷で起こる靭帯の損傷や軟骨の損傷などの痛みが多いです。しかし年齢を重ねるごとに外傷がなくても膝の痛みが出て来ることはありませんか?
では、なぜ怪我をしたわけでもないのに痛みが出てしまうのか?まずは膝の使いすぎによって半月板と言われる膝の中にあるクッションに原因があったり膝の軟骨がすり減り痛みを出してしまいます。これが酷くなるとO脚や変形が生じてしまいさらに膝の負担が大きくなり、最悪の場合歩けなくなることもあります。
そしてよく膝に水が溜まると痛みがでると聞いたことはありませんか?この膝に水が溜まるという現象で痛みを起こしているわけではなく、人間の防御反応として膝の中に水を溜めて守ろうとしているのです。なので水が溜まるから痛いというわけではありません。
もしもこういった痛みが出ているのであればまずは整形外科をお勧めしますが、まだ痛みが軽い場合、違和感がある場合に関しては予防することも可能です。まず膝の周りの筋肉の柔軟性を出し適度な内もものトレーニングをして膝をスムーズに動かせるようにすることが大切です。そして姿勢を良くすること、姿勢を良くすることによって左右の膝にかかる負担を軽くすることができます。これをすることによって痛みを引き起こす確率も下がります。当院では筋肉のバランスを整える施術や背骨の歪みを整え姿勢を安定させるB&M背骨歪み整体を行なっております。膝の痛みでお困りの方は当院までご相談ください。
「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP