「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回は膝の痛みの原因についてお話していきます。スポーツ選手などでは使い過ぎや、「knee in toe out」といい膝が内側へ、つま先が外側へ向く肢位によって膝に負担がかかり痛みを引き起こしてしまう場合などがあります。他にもO脚やX脚などから膝の痛みを訴える、膝の筋肉量が落ち、体脂肪が増え、自分の体重を支え切れなくなり、痛みを引き起こすなどがあります。その中でも今回は股関節の柔軟性が悪くなることにより膝の痛みが出てくることについてお話していきます。

股関節というのはたくさんの靭帯や筋肉により構成されています。その中でも股関節から膝のお皿の下や横などにつく筋肉があります。その筋肉の緊張が強くなることによって股関節の動きが悪くなるとともに、膝の動きも悪くなってしまいます。さらに股関節の可動域が狭くなることにより、歩く動作で膝に大きな負担もかけてしまいます。そして負担をかけ続けると痛みに変わります。

最初に紹介した膝の痛みの原因は解決するのに多少の時間はかかりますが、股関節の動きが悪い事に関しては毎日のストレッチをすれば可動域を広げ、膝の負担を軽減させることが出来ます。さらに左右の筋肉のバランスを整えること、背骨のゆがみを整えることで片方の膝ばかりに負担をかけることもなくなります。当院では筋肉のバランスを整える施術や背骨のゆがみを整える「B&M背骨ゆがみ整体」を行っております。膝の痛みでお困りの方は当院までご相談ください。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP