「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回は膝の怪我についてお話していきますね。膝というのは事故やスポーツだけでなくいろいろな場面でケガを起こしやすい場所です。皆さんがよく聞かれるのは変形性関節症(OA)ではないですか?変形性関節症とは、加齢や体重から膝の軟骨が擦り減り痛みを出してしまったり、怪我の後遺症として痛みや変形を起こす関節症です。他にもスポーツでは靭帯の断裂や損傷などもよく聞かれるのではないでしょうか?膝というのは体重を支えるのに重要な部位にも関わらず肩関節や股関節に比べ可動範囲が非常に制限されています。可動範囲が少ないのに対して強力な捻じりや横からの圧、走っている時に急ブレーキをかけたときにかかる剪断力が頻繁にかかるので怪我をしやすいのです。

では、怪我をしない膝にするためにはどうしたらいいのか?まず、膝の周りの筋肉の柔軟性を高めます。膝の周りの筋肉膝を動かすときに使う筋肉とは太ももの筋肉とふくらはぎの筋肉です。この太ももの前後ふくらはぎの前後の筋肉の柔軟性を高めることで可動域も大きくなり動きもスムーズになります。さらに瞬発的な筋肉の収縮があっても損傷、断裂する確率は減るでしょう。

太もも、ふくらはぎのストレッチは沢山ありますがポイントとしては反動をつけないでゆっくり伸ばしていくことです。さらにお風呂あがりなどの筋肉の緊張が少ない時、緩んでいる時にするのが効果的になります。膝の動きを良くすることは正常な関節の関係を保つことにもつながるので変形性膝関節症の予防にもつながりますよ。他にもわからないことがあればご相談ください。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP