「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回は股関節に原因があり、膝の痛みが出てしまうことについてお話していきますね。日常生活で歩いたり、階段をあがったりなどの動作で膝に痛みが出ることもあると思います。膝の痛みが出ると、関節そのものなどに注目しがちですが、問題は他の部分にあるかも知れません。

膝を支える筋肉は、太ももの前側や後ろ側になります。その筋肉は骨盤から膝の内側や外側などについており、膝を守ったり、股関節を動かす役割をはたしています。その筋肉が普段の生活の中で、仕事の動作や姿勢によって負担もかかり、動きも悪くなることもあると思います。そうなると体重のかけ方などに片寄りが出てきやすくなるので、片方の足に負担もかかりやすくなってしまいます。その状態が続くと筋肉も緊張が強くなり、骨を引っ張ってしまうので骨盤も傾きが強くなり、それに繋がっている膝もバランスがくずれてしまい痛みにつながってしまいます。

膝の痛みを和らげるには、筋肉の柔軟性を高めることと、身体を支えるために重要な背骨のゆがみを整える必要があります。当院では、筋肉と背骨のバランスを整える「B&M背骨ゆがみ整体」を行っております。背骨で体を支えられるので筋肉にかかる負担が少なくなり痛みも軽減しやすいです。膝を痛みでお困りの方はご相談ください。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP