「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

筋肉へ流れる血液の量は多ければ多いほど身体にとってはいいです。特に疲労を感じやすいと思った時は血液の流れも低下しており、古くなった血液が身体を循環している状態です。今日は、筋肉に血液が行き渡るにはどのようにすればいいかお話していきますね。

まず、血液は体の中を循環しています。そして様々な細胞や臓器に血液を流しています。血液は栄養素や酸素を取り込んでいろんなところへと運んでいるのですが、同時に古くなったいらないものを臓器や細胞から回収する役目もあります。ですので、血液の流れが良ければ全身にくまなく行き渡りしっかりと交換するような働きが出来ますが、この流れが悪いとよいもの悪いものを交換できずに身体の機能は徐々に悪い方へと傾いてしまいます。

身体の中を流れる血液を良い状態に変えるために必要なのが筋肉の柔軟性です。筋肉がしっかりと伸び縮みすることが出来れば体全体に送られる血液の量は増加します。これは筋肉自体がポンプのような働きをするので、身体をしっかりと動かしてあげれば血液の流れる量が変わります。そのため、柔軟性のある筋肉を生活の中で保つことが出来れば身体の状態はより良い状態へと変わりますのでしっかりと筋肉を動かすようにしていきましょうね!

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP