「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回は、季節の変わり目での体調不良について、お話をしていきたいと思います。暑い夏が少しずつ過ぎ去り、涼しい日も増えてきました。こういう「季節の変わり目」には、さまざまな体調の変化が起きてきます。夏の疲れが今になって出てきてしまう夏バテであったり、秋の稲科などによる花粉症、そして「食中毒」などにも要注意です。

食中毒が一番多く発生するのは春・夏・秋・冬のうち、どの季節なのか、と問われれば、多くの人が「夏」と答えますよね。気温が高ければ高いほど、それだけ食べ物も傷みやすくなりますから、当たり前のような気もするのですが、実は秋が正解なんです。食中毒の代表的な原因菌には、サルモネラ菌と腸炎ビブリオ菌と呼ばれる細菌たちがいます。これらの菌は、気温が25度以上になると、一気に活性化して増殖します。こうしたことからも、夏が一番危なそうに思いがちですが、夏の間は飲食店の方々もご家庭の皆さんも、食品の管理には気を使っておられます。しかし、秋になって涼しくなってくると、食品の管理も夏よりも疎かになりがちです。そして、危ない食品を平気で口にしてしまって、食中毒にかかってしまうわけです。

また、秋は夏バテが残っている体の抵抗力が落ちているということもあり、少しの異変にも過敏に反応してしまいがちです。そこで、季節の変わり目である今の時期に、お体の施術を受けられることをオススメします。今の時期の早い段階から、お体の筋肉や血液の流れを活発にしていくように施術を受けておけば、この免疫力の低下予防ができます。秋は美味しいものや楽しいことが増えてくる時期なので、元気に過ごせるお体を作っていきましょう。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP