「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

8月に入り気温も30度後半を超えるきびしい暑さがやってきました。この暑さや気候で注目されるのは熱中症です。夏休みに入りお出掛けされることも増え、外に出ることも多くなると思います。いくら注意していても気分が悪くなったり体がだるくなったりするところが怖い所です。

熱中症は、気温の高い場所にずっといることで体の中を調節する機能がおかしくなってしまったり、体の中の水分や塩分のバランスが崩れてしまうのが原因で起こってしまいます。その中でも環境や体の状態が重なった時がおこる可能性が高くなります。日差しが強く気温が高い環境で、さらにスポーツなどでたくさんの熱がつくられて放散する力が弱くなり、寝不足や疲れが抜けていない時など、体調が悪い時は注意が必要です。高温状況に長くいると、循環機能が乱れてしまい熱を放散できなくなり体に溜まってしまい、筋肉にも影響が及んでしまいます。水分や血液の流れも悪くなり筋肉の動きやバランスの崩れにつながり、それが体のダルさにつながります。

熱中症になってしまった時には、涼しい部屋でしっかり水分を取り、体を冷やす事が大切です。それと同じくらいに血液の流れや水分のバランスを整え、循環を良くすることで、筋肉の動きやバランスの良さにつながります。当院では筋肉のバランスを整える施術を行っていますのでご連絡下さいね。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP