「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回は炎症とはなんなのか、についてお話していきますね。まず炎症とは、損傷した部分が赤くなることや、腫れてくる、熱を持つなどといった症状が出てくることを言います。ではなぜこのような症状が出てくるのでしょうか?炎症というと悪いイメージしかないと思いますが、実際は人間が早く回復しようとするための反応なのです。損傷した部分を良くするためには栄養やエネルギーが必要です。体の中の栄養やエネルギーは血液の中にあるので、血液が損傷した部分に多く集まっていきます。血液は赤く、熱を持っているため腫れあがったり赤くなったりするのです。しかし、炎症が強くなると痛みを強く感じてしまい、機能障害(筋肉を動かしにくくなったり、関節の曲げ伸ばしがしにくくなること)を起こしてしまいます。

炎症症状が出てくるとまずは冷却(冷やすこと)します。冷却することで痛みの感覚を鈍らせ、痛みを和らげることと、腫れを抑えることが出来ます。炎症症状が治まると、次は筋肉の柔軟性をだし、バランスを整えることが大切です。痛みや炎症が出ていた筋肉は伸び縮みしにくくなっているので、その後の負担を大きくしないためにもバランスを整えることは重要なことになります。

当院では筋肉のバランスを整える施術や背骨のゆがみを整える「B&M背骨ゆがみ整体」を行っております。体の痛みでお困りの方や、体のお悩みがある方は当院までご相談ください。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP