「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回は体のツラさと気温の関係性についてお話していきますね。今年の冬は暖冬であると言われていて、実際に例年ほどの寒さがほとんど見られないような状態になってしまっています。気温が高い方が体の調子が良いと思われがちですが、気温が低い状態に慣れている環境から急激に気温が上がってしまうと、体の中の血流とともに血圧も変わってくるので体調や、疲れの回復に大きな差が出てきてしまいます。

人間の体の回復力は血液に依存しています。この血液に酸素や栄養が運ばれて疲れや痛みは体から出ていきます。しかし、寒い日が続くとこの血液の流れは悪くなってしまうので体の回復力も非常に悪くなってしまいます。この状態が長く続くと体は次第に適応していき、寒くても回復力を保てるようになっていきます。その状態から急に暖かくなって血液の流れが上がり過ぎてしまうと急激に上昇した血液の流れから体の血液の流れが良くなりすぎて、かえって疲れが出てしまいやすくなってしまうこともあります。

このような状態を防ぐためには、筋肉の柔軟性を気温に関わらず柔軟な状態を保てるようにしていくことが大切です。当院ではこの筋肉を体の奥深くから柔軟にしていき、血液の流れを良くしていくことのできる施術を行っています。動きやすい筋肉を維持して気温の変化に負けない体をつくっていきましょうね。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP