「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

「季節の変わり目って、体が重くなるのはなぜ?」という質問について、お話をさせていたただきます。春から夏へ、秋から冬へ、と季節の移り変わる時期というのは、温度や湿度が不安定で体の中がビックリする、なんて事をテレビなどでよく聞きますよね。でも、正直に言って「どこがどうなって」ビックリするのかは、あまりよく知られていません。

 

じゃあ、どうして?実は、人間の体にはいろんな所にセンサーがついています。例えば、耳の奥深くには「内耳」と呼ばれる部分があります。音を聞くための鼓膜というのは聞いたことがあると思いますが、それのもっと奥にあります。この「内耳」センサーがしっかりと働いているために、梅雨の湿気や台風などの低気圧、夏場の気温の変化など季節の変わり目に身体が対応していくのですが、毎日、この内耳からの指令が昨日は「体温上げろ~」、今日は「体温下げろ~」と、コロコロ変わると、身体もどうしたらいいのか、わからなくなりますね。そして、血液や内臓器の働きが鈍くなり、結果として筋肉がうまく伸び縮みしにくくなって……という悪循環。

 

これが、「季節の変わり目って、体が重くなる」理由です。そこでおすすめしたいのが、当院のB&M背骨歪み整体です。これを行うことにより、筋肉が着いている背骨をまっすぐに、そして筋肉も元の長さに戻していきます。背骨が良い状態を保つことで、血液や内臓器も活性化されてきます。真夏への移り変わりももうすぐです。身体を良い状態にして、楽しい夏を迎える準備、していきましょう。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP