「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回はこの時期に起こりやすい身体の変化、手足の冷えについてお話していきますね。気温が低くなるにつれて手や足の先端が冷たくなってしまう、いわゆる冷え症と呼ばれる状態の方は非常に多くおられます。手袋や靴下をしていてもなかなか端まであったまらなくてつらいですよね。

そもそも手足が冷えるのは身体の先端の毛細血管の流れが悪くなってしまい、心臓から出てくる温かい血液が届きにくくなっていることから起こってしまいます。このことから体の中心部に血流が集中してしまい、むしろ手足以外は熱いくらいと言われる方もおられます。このように身体の中心部で血流が止まってしまうと、血液と一緒に流れていく酸素や栄養が身体の端の方に行かなくなってしまうので疲労が溜まって抜けにくくなってしまうことや、傷めたところが良くなりにくくなってしまいます。

当院ではこの血流を上げて身体の先端まで届けるために血管の沢山通っている身体の深部の筋肉からしっかりと緩めていく施術を行っています。筋肉が柔らかい状態を維持できれば血液も流れやすくなるので酸素や栄養も行き届くので回復力も大きくなっていきますし、感じておられた冷えも温かく感じられるようになっていきます。身体の端の冷えはいろんな症状の原因になります。もしお困りでしたらいつでもご相談くださいね。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP