「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

体のバランスで左右差が出るとなぜ悪いと言われたり、痛みが出るのか、についてお話していきます。「左右差がありますね。」と言われたことはありませんか?「痛みが無いし、日常生活でも問題ないから大丈夫。」と思われる方もいると思います。しかし、左右差が出てしまい放っておくと痛みに変わってしまうこともあります。まず、左右差というのは右と左で筋肉の量や質が違ったり、片方の筋肉の緊張が強く、片方の筋肉の柔軟性があるような状態のことを言います。

では、なぜ左右差があると痛みに変わってしまうのでしょうか?

例えば左の腰の緊張が強く、右腰は問題ない状態の場合、緊張が強い左腰は筋肉の伸び縮みもしにくい状態であるので、動きやすい右腰で動き始めたり、上半身の体重を右腰で支えるようになります。その状態が続くと今度は右腰にばかり負担がかかり右側の筋肉が緊張し始めていきます。結果的に痛みを引き起こし左だけでなく右側まで筋肉の質や可動域まで悪くなります。今は例として腰をあげましたが、これは腰に限らず肩や首、足など体全体に言えることです。

このように体のバランスを崩さない、痛みを引き起こさないようにするためには、まず左右差を無くすことです。そのためには筋肉の柔軟性をだすようなストレッチや施術で常に筋肉が柔らかくストレスを感じないような状態にしていくことです。そして左右差が出た場合、背骨のゆがみがあることも考えられます。背骨のゆがみを整え姿勢そのものを変えていくことで、左右差もなくなっていきます。当院では筋肉のバランスを整える施術や背骨のゆがみを整える「B&M背骨ゆがみ整体」を行っております。体の状態が気になる方は当院までご相談ください。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP