「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回は「寒いと体が硬くなるのか?」というテーマでお話させていただきます。寒くなってくると背中を丸めてしまったり、首を縮めてしまったりしたことがありますよね。実はこれは筋肉を縮めることで体の中で発熱を起こして温めようとしているから起こることなのです。でもこれが長時間に渡って続くと筋肉がずっと縮んでしまっているので力が入ってしまった状態になってしまうのです。
力の入ってしまった筋肉では体を上手く動かすことができません。そして、筋肉が縮んだ状態では伸び縮みが非常にしにくくなってしまうのでいつもよりも体が硬くなってしまい動きが悪くなってしまうのです。冬の間に外を走ったりしていると体が温まるまで時間がかかってしまうのもこれが原因です。そしてこのように伸び縮みがしにくい状態になっていると筋肉は咄嗟の動きの時に本来の力を発揮できずに怪我をしてしまうことがあるのです。いつもよりも伸びにくい分に引っ張られる力にたえられなくなるのです。では、こういう怪我を予防するためにはどうすれば良いのでしょうか?
そのためには単純ですが、運動する前にしっかりと準備運動やストレッチをすることです。急に動くと筋肉も傷めやすくなりますが事前に温めることで柔らかく伸び縮みがしやすくなっていれば怪我もしにくくなります。冬が近づくとますます怪我をされる方が増えてきます。ウォーミングアップをしっかりしましょうね!

 

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP