「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回は季節の変わり目に体が痛くなりやすいことについてお話していきます。3月も半ばを過ぎたこの時期、冬から春に季節が移りかけています。この時期になると身体が痛くなるという方も少なくはありません。そもそもなぜ季節の変わり目には体が痛くなると言われるのでしょうか?

まず、基本的には筋肉の伸び縮みのしやすさは血液の流れによって変わってきます。血流が良いほど筋肉が動きやすくなり、血流が悪いほど筋肉の伸び縮みがしにくくなります。動きが悪い筋肉は素早い動きや大きな力を発揮するのに耐えることが出来ずに痛みを体に現してしまうのです。暖かい時期には血流が良いのですが、寒くなると筋肉は動きが悪くなります。最近のように季節が移り替わる時期には気温が安定せずに昇降するので血流もまた安定しなくなります。このようなことから季節の変わり目には筋肉の動きが悪くなり体の痛みが出やすくなってしまうのです。

それでは、このような痛みが出るのはどのようにして防いでいけばいいのでしょうか?基本的には筋肉の中の血流を下げないようにするために、体が冷えないようにすることが大事です。しかしながら服装が分厚過ぎると汗をかいてしまい、これによっても身体が冷えてしまいます。いつでも着脱しやすいものを携行することで温度に合わせて服装も変えられるようにしましょう。血流を悪くしてしまわないように気を付けましょうね。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP