「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回は冷湿布と温湿布の違いについてお話します。身体を使いすぎて筋肉痛になったときや、スポーツで筋肉を傷めてしまったとき、捻ったときやぶつけたとき、ケガをしてしまったとき等に湿布にお世話になったことのある方がほとんどだと思います。そしてこの湿布について利用者さまからよくある質問が「今は冷湿布と温湿布のどっちを使えばいいの?」ということです。では、この2つの違いについてお話しましょう。
そもそも湿布の効果は傷めてしまった患部の炎症を抑えて痛みを緩和させたり、腫れを引かせることが目的で様々な薬用成分が含まれています。これによって傷んだ身体の状態を回復させるのを手伝ってくれるのですが、この2つの違いとしては、冷湿布にはハッカの成分、温湿布にはトウガラシの成分が入っているということです。これによって暑い時期には冷たい湿布、寒い時期には温かい湿布ということで使い分けられるように開発されたとのことです。実際には大きな効果の差は両者にはないということです。
では、我々の立場からお話すると痛みがあるならばどちらを使っていただいても良いのですが、捻ったりぶつけたりなどのように筋肉に大きな傷が出来てしまう場合には患部を冷やすことが最優先ですので、冷湿布の方が適していると言えます。筋肉の緊張が強くなってしまって動きが悪くて痛みが出ているのであれば血液の流れを良くする為に温湿布の方が適していると言えます。どちらを使ってもほぼ同じ効果は得られますが、場合によって使い分けてもらってもいいかも知れませんね。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP