「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさん、こんにちは。今回は、しっかり体を温める入浴方法のご紹介です。外がこれだけ寒くなると、筋肉や内臓が冷えてしまって、家に帰ってお風呂に入ってもなかなか体が温まらない、お風呂に入った後でもすぐに体が冷えてしまう、という方も多いのではないでしょうか。そこで、今回はお風呂のなかで出来る冷え性防止の体操をお伝えしていきます。

それは、お風呂に浸かっていただいて行う、手足の運動です。湯船のなかでは手の指を動かすグー・パー運動を両手一緒に50回。そのあとに手首の回転運動を右回し20回・左回し20回。そして足首の回転運動30回。上下運動それぞれ30回。そして、両足の指のグー・パー運動を10回行います。この運動は、手足の先の指の血管を刺激して、全身の血液の流れを良くしていきます。体が冷えてしまう一番の原因は、手足の指先までしっかりと血液が巡らずに、筋肉に巡るはずの血流が減り、筋肉の温度が下がってしまうからです。そこで、入浴時から血流をよくしていき、冷え性防止をしていきましょう。

また、日頃からの筋肉のメンテナンスもとても大切です。日頃から筋肉の状態をよくしておくと、寒くなる年末年始も元気に過ごせますので、当院で筋肉の施術も受けてみてくださいね。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP