「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

体を動かすのに必要なものは筋肉です。この筋肉が骨格を支えていたり、骨を動かしたりするのですが、この筋肉の動きが悪くなると骨格を動かすのが難しくなります。筋肉が動きにくい状態を放置してしまえば筋力が落ちてしまうだけでなく、疲労を感じやすくなったり痛みを引き起こしやすくなる原因へとつながっていきます。では、筋肉の動きがこのように悪くなる原因とは何でしょうか?今日はそのことについてお話していきますね!

筋肉の動きが悪くなる原因として多いのは筋肉のもつ柔軟性が低下してしまうことにあります。筋肉はそもそも伸びたり縮んだりするものですが、この伸び縮みがしにくくなると筋肉の線維が動かなくなるので本来もつ柔軟性が発揮できなくなります。また、伸び縮みすることで筋肉は血液を送り出すようなポンプの働きをします。このポンプの働きを筋肉はするので身体全体に血液を循環することが出来るのです。血液の流れが行き渡れば筋肉も温まり、筋肉の動きは良くなります。

このような筋肉が持つ働きを発揮できなくなると、筋肉の動きは悪くなります。良い状態にするためにも筋肉をしっかりと動かしたり、ストレッチをするように意識していきましょう!

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP