「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

体の痛みが出た時はみなさん、どうされていますか?温めたり冷やしたり何もしなかったりなど様々だとは思いますが、痛めた場面によってやり方を変えていくことはとても大切です。今日は痛みが出た時の対処法についてお話していきますね。

例えば、温める場合であればどのような痛みのときでしょうか?温めるということは血液の流れを向上する目的が大きいですので、長時間同じ姿勢をしてしまって筋肉の動きが悪くなって痛みを引き起こした場合などでは効果的です。しかし、筋肉の損傷が見られる場合や何かの動きをしている時にブチッと音がしたなどの時に出る痛みは、冷やしてあげるのが効果的です。このような状態の痛みでは炎症といって筋肉の線維がちぎれて痛みの物質が反応しやすくなっています。ですので冷やして安静にするのが1番効果的になります。

筋肉の痛みで鈍い痛みであれば血流の循環を良くしてあげることで痛みが緩和することが多いですのでその場合は温めてあげることが重要です。逆にズキっとくるような鋭い痛みであれば炎症が起こっていますので冷やして安静が重要となります。鈍い痛みか鋭い痛みか、このふたつで見分けれることが多いです。もし迷われたら参考にしてみて下さいね!

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP