「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

11月も後半にさしかかり本格的な寒さがやってくる時期になりました。朝や夜の冷え込みも厳しくなり、お出かけ後の帰りの時間なども、グッと気温も下がりやすいと思います。気温も下がると、体も冷えてしまいます。冷えてくるとどのような変化が起きてしまうのでしょうか?

体温は代謝や免疫力と密接な関係があり、体温が下がると代謝や免疫力も低下すると言われています。体内に取り入れた物からエネルギーを得たり、いらないものを取り出したり、体の循環には欠かせないものが代謝です。これが低下してしまうと、疲れやすくなる、太りやすくなる、痛みも増しやすいなど、体に多くのデメリットをもたらしてしまいます。さらに、冷えが強くなると、急な痛みが出たり、朝の痛みが強くなったりと様々な変化が出やすくなります。血液が筋肉を動かすための酸素や栄養分を運んでいますので、それがうまく行われなくなると、固まっている筋肉を無理やり動かすことになるので痛みも強くなりやすいのです。

そのような痛みや代謝も上げるポイントとして、ふくらはぎが重要な役割をはたしています。下半身に溜まっている血液を心臓に戻す働きをしているので、ふくらはぎの動きが悪くなると体の痛みや代謝の低下につながります。当院では、筋肉のバランスや動きを整える施術を行っています。早めの対策で冬場も元気に過ごせるようにしていきましょう!

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP