「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

天気も少しずつ雨の予報が多くなって、全国的に梅雨に入ってきましたね。こんなときは、スポーツで一汗かいてみると、体がスッキリとしやすいです。今回は、こんなスポーツをやるときに役立つ『スポーツテーピング』のお話をさせていただきます。『スポーツテーピング』とは、言葉の通りスポーツをやるときに怪我の予防のために行うテーピングのことで、古くはアメリカンフットボールの試合前に始まったのが最初とされています。現在でも、バレーボールの試合などで選手が手の指に白いテーピングをしていたりしますよね。あれは、ボールが当たってしまって、指の怪我をしないようにしているんです。

『スポーツテーピング』は、怪我をしたときのテーピングのように、怪我をした箇所をガチガチに固定するわけではなく、スポーツで使う動きはなるべく制限せずに巻いていきます。しかしスポーツのプレー中に無理な力が加わって、関節や筋肉が変な方向に動いて怪我をしないように最低限の固定をしています。サッカーであれば足首に、バスケットボールやバレーボールなら膝や手の指に、野球の投手であれば肩や肘に、などさまざまなものがあります。

これは以前に怪我をした箇所の補強の役割もありますので、「スポーツをしたいけれども、前に怪我をしたからな~。」という方にも、再挑戦のためにもオススメです。もし、スポーツをする際にお困りであれば、一度当院に来てみてくださいね。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP