「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

この時期~年末にかけてゴルフに行かれる方は増えてくるのではないでしょうか?ゴルフのスイングで様々なところに痛みは出ていませんか?今回はゴルフのスイングで出てくる痛みについてお話していきます。

まずは腰の痛みから、ゴルフスイングは一方向の向きにしか身体を捻じりませんよね。この一方向だけの動きにより片一方の腰にばかり負担をかけてしまうことになります。そして腰の筋肉のバランスに左右差が出てしまいそれが痛みにつながるのです。次に高齢者やたくさんスイングされる方、力を入れてスイングされる方に起こる痛みです。まずこの痛みは大前提として身体が開くのが早かったり肩が開いてスイングされる方に起こるものです。スイングすることにより肋骨が開き肋骨の間にある筋肉が伸び縮みするのですがスイングが悪いとその肋骨の間の筋肉にたくさんの負担がかかってしまい筋肉のバランスを崩してしまったり肋骨が折れてしまったりする可能性があります。これらの痛みを軽くする、楽にするためにはまず体全体の力が抜けた状態で正しいスイングをすることです。そうすればボールも自然と真っすぐ飛びますよ!そして体全体の筋肉の柔軟性をだすこととバランスを取ることです。

寒くなっている今こそ正しい身体の使い方で痛みを感じることなくゴルフを楽しんでくださいね。当院では筋肉のバランスを整える施術や背骨の歪みを整えるB&M背骨ゆがみ整体を行っております。痛みで困っておられる方は当院までご相談ください。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP