「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回はこれからの時期に必需品となってくるエアコンと、身体の痛みの関連性についてお話していきますね。6月になってからますます暑い日が多くなってきました。そのうえ梅雨も近づいてきて湿度も上がるのでムシムシとして気持ちの悪い日が続いてしまいそうです。室温を下げる冷房も、湿度を下げる除湿もどちらも必要になるのですが、このエアコンによって体が痛くなるとはいったいどういう状況なのでしょうか?

基本的に人間の体は冷えに弱いものです。体が冷えてしまうと筋肉の中を流れていく血管の流れがわるくなってしまい、筋肉の伸び縮みがしにくくなってしまうことが大きな原因です。筋肉は伸び縮みがうまくいかなくなってしまった時に動くことに耐えられなくなってしまい痛みを感じるようになってしまうのです。特に冷風が直接当たってしまうようなら余計に筋肉が冷え切って痛みがひどくなりやすいのです。

それを解決するためには、やはり体を冷やさないようにすることが一番です。とはいえど、熱いのを我慢して熱中症になっていては元も子もありません。冷房が効いたところに長時間いることが分かっているならば、羽織ることのできるような薄手の上着を用意しておくことやストールやひざ掛けで足元が冷え込まないようにしておくことが非常に大切です。夏を生き抜くのに冷房は必需品です。その冷房で体を痛めないようにしましょうね。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP