「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさん、こんにちは。最近は寒さも厳しくなり、風邪や胃腸炎、インフルエンザなどでの体調不良も増えてきました。そこで、本日はインフルエンザについてお話をしていきます。そもそも、インフルエンザとは普通のかぜと違って、急な高熱(38℃以上)や、関節の痛み、筋肉痛や頭の痛みなどが出てきて、他にも全身のダルさなど「全身症状」が強く出てくるのが特徴です。

このインフルエンザウイルスに感染したときは、約1~3日の潜伏期間(ウイルスなどが体に入ってから、症状が出るまでの期間のこと。)の後、インフルエンザを発症します。そして、症状が出始めてからの1~3日目では、急に出てくる高熱や全身のダルさ、食欲がなくなるなどの症状が出てくると言われています。その後、少し遅れてせきやのどの痛み、鼻水などの症状が出てきて、「あれ?風邪かな?」となります。しかし、胃のムカつきや吐き気などが出てくることもあるそうです。通常は、10日前後で症状が落ち着いていき、良くなっていきます。

しかし、もしこのような症状が出始めて、風邪かどうかわからないのでどうしようかな、とお考えの方には、一度近くのクリニックに行ってみることをオススメします。インフルエンザのお薬は、インフルエンザを発症してから48時間以内に服用しないと効果が出にくいといわれているので、もしかしてインフルエンザかな、と思った場合は、早めに近くのクリニックにへ行ってみてください。また、インフルエンザ後の体は筋肉が動きにくく、痛みも出やすい状態です。もしそういった時に体に痛みを感じたら、一度当院までご連絡くださいね。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP