「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回は、風邪やインフルエンザなどにかかりにくくなる、『のどのメンテナンス』について、お話をしていきます。人間はみんな、のどには外からの異物を捕まえる『線毛』という毛があり、それがうまく働いているときは風邪のウイルスなどの異物は体のなかに入りにくく、体調を崩すことほ少ないです。でも、冬になると空気が乾燥してきて、いつの間にかのどが乾いていることがあったりします。こののどが乾いた状態だと、のどの防御をしてくれる「線毛」が空気のなかを漂っているウイルスなどの異物をうまく捕まえることかできなくなり、体のなかにウイルスが入ってしまいやすくなります。そうすると、体のなかに入り込んだウイルスが悪さをして、体調を崩してしまうのです。

では、冬にこの「線毛」の働きを元気に取り戻してもらうにはどうしたら良いかです。それは、『のどを乾かない状態にしておく』ことです。冬は冬と違って、あまり水分を取らないことが多いですが、こまめに水分を取っておくことで、「線毛」の働きを元気にして、外からのウイルスなどの異物を体のなかに入れる危険性を減らしていきます。

しかし、のどのメンテナンスをしていても、風邪やインフルエンザなどの体調不良になってしまうこと、花粉症などでくしゃみをしてしまうことがあるかもしれません。そんなときには、背中や首の筋肉に非常に力が入りやすく、放っておくと筋肉痛のような症状になることもあります。そうなってしまう前に、当院で筋肉の施術をして、良い状態を保っていきましょう。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP