「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

今回は多くの方が悩まれている『睡眠をとっているのに寝起きがダルイ』という事についてお話していきます。人間の理想的な7時間前後がベストだと言われています。でもこのくらいの時間十分に睡眠をとったはずなのに体が回復していなくてダルさを感じたり、体が重たいと思われている方が非常に多くなっています。この原因は一体何なのでしょうか?

まず一つ、多く言われているのは運動不足です。筋肉に対して普段から刺激を与えられずに動きが悪くなり、血液の流れも悪くなってしまいます。このような状態ではいくら睡眠時間があっても筋肉そのものが回復しなくなるので、身体全体が重たくなってしまいます。寝起きは筋肉の動きも悪いので余計に辛さや重たさが増してしまうのです。適度な運動やストレッチなどで血液の流れを良くする習慣をつけておきましょう。もう一つ、よく言われるのがいつも睡眠時間をあまりとらない方が急に極端に長い時間睡眠をとられることです。体が横になる姿勢に慣れていない分、筋肉が必要以上に緊張して起きたときに辛くなってしまうのです。それに加えて使っている寝具が自分の身体に合っていないので楽な姿勢を取ることが出来ずにずっと疲労が溜まってしまうのです。

当院にもこのようなことにお困りの方が多く来られていましたが、筋肉の動きを良くして血流を良くすることや、一人一人の体に合った枕を使っていただくことでかなり楽になられたという声も多いです。睡眠は一日の終わりと始まりです。そこに悩みのある方は一度ご相談くださいね。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP