「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

夏になると筋肉がつったり、こむら返りが起こることが増えてきます。まず、筋肉がつる理由としては、筋肉の水分量が何らか原因によって血液に流れが悪くなり、筋肉が収縮してしまい寝返りなどの軽い衝撃でこむら返りを起こしてしまいます。そしてなぜ寝ている時かというと、寝ている間は筋肉を動かさないため心拍数がさがり、気づかないうちに汗をかき血液の流れも低下し、脱水状態になるからです。さらに夏場になると冷房をつけるため、筋肉が冷えてしまい血行も悪くなってしまいます。

こむら返りが起こる確率が上がるのは夏場だけでなく、中年以降にも多くみられると言われています。なぜかというと、若い時に比べると運動量は減るので、筋肉量も減少し、血液の流れも悪くなりやすい、そして筋肉量が少ないと疲労物質を筋肉のポンプで排出しにくくなるので疲れを溜め込みやすい筋肉になり、結果的にこむら返りを起こしてしまうのです。

このこむら返りを起こさないようにするためには、寝る前に十分な水分を摂取すること、運動後はしっかりとストレッチをし、柔軟性を保っておくこと、そして筋肉や背骨のバランスを整えておくことが大切です。やはりバランスが崩れていると筋肉の負担が強くなってしまい疲れを溜め込んでしまいます。当院では筋肉のバランスを整える施術や背骨のゆがみを整える「B&M背骨ゆがみ整体」を行っておりますので、こむら返りでお悩みの方は当院までご相談ください。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP