「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

3月に入り気温も上がり暖かい日が増えてきましたが、まだまだ朝晩の冷え込みは続いています。1日の寒暖差の多い日は、特に体調を崩したり、体の変化が出やすい状態です。そのような時におこりやすいのがこむら返りです。今回はこむら返りがおこりやすい原因についてお話していきますね。

こむら返りがおこりやすいのは、運動中や運動後による疲労の蓄積や、血行不良による冷えで寝ている時におこることがあります。体温は明け方に1番低くなります。明け方くらいにおこりやすいのはこのためなのです。特に気温差が出やすいこの時期には注意が必要です。その他にも要因はありますが、こむら返りがおこるとおっしゃられる多くの方に共通しているのが、腰が悪いという事です。腰の痛みとこむら返りは同じ症状のようなものなのです。腰の痛みが和らいでくると、こむら返りの頻度も減ってきやすいのです。

このような症状を和らげたり予防するためには、腰もですが体全体を冷やさないことや、姿勢に気を付けることが大切です。もともと腰の痛みが出やすい方は、背骨のゆがみがひどく上半身から足腰にかけて負担が多くかかっています。ですから、体全体の筋肉を柔軟にしてあげること、背骨のゆがみを整えることでこむら返りの症状も緩和されていきます。当院でも、背骨のゆがみを整える「B&M背骨ゆがみ整体」を行っております。季節の変わり目で体のしんどさが出る前にしっかりメンテナンスしていきましょう!

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP