「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

本日は、あまり聞き馴染みは無いかもしれませんが、実は多い「秋バテ」について、お話をしていきたいと思います。9月に入ってもう半月が過ぎました。夏の盛りに比べると、涼しくなってきた感じがしますね。猛暑の最中にはよく、「夏バテ」という言葉を耳にしました。実際になってしまった方も多いのではないでしょうか。この「夏バテ」ならば、涼しい場所で体温を下げつつ、水分を摂取してもらえば症状は落ち着きます。

しかし、今回お話をしていく「秋バテ」は、これとは全く違う症状なんです。そもそもこの「秋バテ」とは、夏の暑さが落ち着いてくる、季節の変わり目に多いんです。症状としては、夏の暑さ対策で涼しい服装をしたまま外を出歩いて夕方などに身体を冷やしてしまう、クーラーや扇風機をかけたままにして寝入ってしまって、朝方にからだが冷え込んでしまっている、などです。

こういった「秋バテ」の症状には、夏バテとは逆に、お風呂に入ったり軽いジョギングなど適度に汗をかいていただくほうが効果的です。体温が下がって、筋肉に血液が流れにくくなると、筋肉の動きも悪くなり、普段と同じ仕事やスポーツをしていても、疲労感や怪我などが増えてしまいます。また、体温が下がることで、免疫力も低下してしまい、風邪などにもかかりやすくなってしまいます。筋肉や体調を崩しやすい季節の変わり目にこそ、適度な運動や入浴、そして筋肉の施術でお体を守っていってくださいね。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP