「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

皆さん、こんにちは。今回は「熱中症」の判断基準と応急処置について、お話をしていきます。「熱中症」と聞いても、実際の現場にいて、どんなことが起こるのか、また「これって熱中症なのかな?」という所がわかりにくいと思います。この「熱中症」の判断基準になりますが、屋外・屋内に関わらず気温・湿度が高い場所での立ちくらみや筋肉のこむら返り、特に何をしたわけでもないのに手足に力が入らなかったり、ぐったりしていたり、呼びかけても反応がおかしかったり、全身のけいれんがあったり、まっすぐに走れない・歩けない症状があったり、体が熱いなどの症状がみられたときには、すぐに「熱中症」が疑われます。そして、この中でも高体温でずっと温度が下がらなかったり、汗をかいていなくて触ると熱かったり、ズキンズキンとするきつい頭の痛みやめまい・吐き気、意識障害がある場合は、特に重症で、すぐに救急車を呼んでいただいたいです。

次に、熱中症の応急処置ですが、まずは『涼しい環境に移すこと』です。風通しの良い日陰や、クーラーが効いている室内に熱中症の方を移動させます。来ている衣類を脱がせてもらって、体内の熱を外に出します。さらに、露出させた皮膚に水をかけ、うちわや扇風機などで仰いだり、氷の入った袋などで首や脇の下、太ももの付け根を冷やして体温を下げます。次に『水分塩分を補給すること』です。冷たいお水、特に塩分も同時に補える経口補水液やスポーツ飲料などを飲んでほしいです。ただし、意識障害がある場合は水分が気道に流れ込む可能性がありますので、無理をしないでください。また、吐き気などの症状がある場合には、呼吸困難になりこともあるので、口から水分を入れることは避けましょう。

水分の不足から、筋肉の引きつりなどが出てきた際には、安静にしてもらっても数日、痛みが続くことがあります。そういった時には、筋肉やその筋肉がくっつく背骨をまっすぐにしていくと、痛みがなくなりやすいです。もし熱中症になってしまった際には、応急処置を適切に行って、動けるようになった後に当院までご連絡お待ちしています。夏の暑さもこの後、もっともっと暑くなっていきますので、お体を大切にしながら過ごしていきましょう。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP