「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善

皆さん、こんにちは。梅雨にも入り、7月も半ばを過ぎてきましたね。そろそろ気温も高くなり、本格的な夏へと向かっています。そんな中で、気をつけてほしいのはやはり「熱中症」です。この内容は大切なので、何回かに分けて書いていきたいと思います。今回はまず、「熱中症」とは何なのか、についてお話をしていきます。よくテレビなどで言われている「熱中症」とは、人間の体温が通常よりも上がってしまいます。そのことによって、体内の水分の量や塩分・ミネラルなどのバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かくなったりして、高熱状態から体温が下がらなかったり、めまい・けいれん・頭の痛みなど、さまざまな症状を起こす病気のことです。この「熱中症」は、重症度によって次の3段階に分けられています。

1度症状は現場での応急処置で対応できる軽症で、急にフラッとする立ちくらみや筋肉痛、筋肉の動きにくさ、大量の発汗が挙げられます。次に、2度症状では病院への搬送を必要とする中等症とされていて、頭の痛みや気分の不快感、吐き気や嘔吐をしてしまったり、倦怠感や虚脱感を伴います。そして、注意してほしいのは3度症状です。これは入院の必要性のある重症で、気を失ってしまう意識障害、全身のけいれんや手足が動きにくくなる運動障害、体温が下がらなくなる高体温などです。

この3段階の症状は、一気にどれかの段階になるわけではなく、1度症状が出始めた頃に、このくらいならまだ大丈夫ではないかな、と無理をしてしまって、次の2度症状に移行して、という風に重症化していきます。今年の夏は、去年よりも暑くなりそうだということを聞きます。お仕事でもクラブ活動でも、またレジャーやお買い物などでも、このような症状が出た場合には少し休んで、お体の調子を整えて、無理のないようにお過ごしください。また、熱中症からの筋肉痛や筋肉の動きにくさなどは放っておくとお体のバランスを崩して、背骨のバランスを崩しかねないので、お体の痛みがある方は、当院までご連絡くださいね。

「摂津富田整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP